background-image:url(https://blog-imgs-138.fc2.com/m/o/o/moonlight171/leaves-pattern.png); FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE - 一般ゲーム感想

FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE

テル

テル

『FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE』、つい先日クリアし、トロコンまで完了しました。
簡単に感想の方を綴ります。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200509214456_R

FF7のリメイクは「いつか必ず来る、スクエニの最終兵器」と言われ続け、2020年に満を持しての発売となりました。
正直言いますと、最初はほとんど注目していなかったです。
PS版のFF7も一度クリアしたことがありますが、ぶっちゃけあまりストーリーも覚えてないです。
それこそエアリスと白マテ関連、セフィロスとの一騎打ちくらいしか記憶にありませんでした。
その上、今回のリメイクは分割になると事前に分かっていました。
単体で完結しない、だったらそこまでの満足度も得られないだろうと。

結論から言いますと、全部杞憂でした。
もう衝撃の連続、トロコンするまでハマったのだから間違いないです。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200508161501_R

プレイした印象としては「FF13に更に肉付けした感じに近いかなあ」です。
FF13は一本道だという評価をよく耳にしますが、FF7Rも基本的には変わりません。
合間でサブクエストや選択肢の分岐がちょろっと出ます、個人的にはこれぐらいの按配がベスト。
あまりにもマップが広すぎたり、やることが多すぎると「面倒」という気持ちが勝ってしまうので・・・
限られたスペースで作品の魅力を凝縮出来ているので、ここまでのめり込めたのかなあと。
リーフハウスやエアリスの家は見事でした。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200511080742_R

可愛い。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200515203926_R

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200516204305_R

戦闘システム、これもFF13にかなり近いです。
コマンド形式だったFF13のシステム面をアクションに振った感じですかね。
カウンター持ちで接近戦に優れるクラウド、手数と速さで攻めるティファ、遠距離支援バレット、魔法のエキスパート、エアリス。
操作キャラを変更しながら戦闘を組み立てる面白さをひしひしと感じました。
一つ気になった点を挙げるなら、NPCが頼りない!!
難易度がノーマル以下なら何も気にせずプレイしてクリアまで行けますが、ハードや裏ボスまで手を出すとNPCの存在はデコイでしかないです。
次回作ではFF12にあったようなガンビットシステム、NPCが自動で補助魔法などをかけてくれるようにしてくれると有難いかなあ。

ボスは基本第3形態まで存在し、徐々にBGMにアレンジを加え演出を盛り上げる。これ秀逸です。
「エアバスター」、「J-E-N-O-V-A」の曲の移り変わりには感動を覚えました。
そして片翼の天使、もうこれがセフィロスとの最終決戦で良いのではないかと。
これまでのゲーム人生でもトップクラスに興奮したラスボス戦でした。心が少年に戻った気分です。
今後これ以上の演出があるのでしょうか、期待しかありません。スパノヴァとかどうなるん・・・

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200427194326_R

今作はリメイクなので大幅なストーリー追加も入っている、らしいです。
覚えていないので比較はできないのですが、確かにボリュームはとてもありましたね。
クリアだけでも40時間強はかかりました。
所々でモテモテイベント入るのもGOOD。
この辺は賛否両論なんだろうなあと、プレイしながら考えてました。
クラウドの設定は昔から変わっておらず、ティファからもエアリスからもジェシーからも好意を向けられる立場にあります。
当時のグラフィックでは表現できなかっただけで、実際にはこれぐらいのやり取りがあると考えるのが普通かなあと。
むしろ旅をしていたらちょっとした褒美は欲しいもんです。両手に花、どんとこい。
FF15もルナフレーナがパーティーに居ればなあ・・・

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200509230405_R

かわわ・・・

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200425230611_R

FF7の街と言えばゴールドソーサーのイメージでした。
ウォールマーケット、良いですね~
海外の露店とか正にこんな感じです、とにかく雰囲気が最高。
一つ一つのマップ自体は決して広くないのですが、作り込みがしっかりしているからこそ、これだけ印象に残るのだと思います。
トロコンのために3回イベントを見ましたが、衣装によってまた見え方が変わって・・・
skipを唯一使わなかった部分です。
エアリスとの旅は本当に楽しい。クラウドさ~ん?

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200505124118_R

ストーリー、戦闘、BGM、世界観、RPGとして私が重視している項目が全て高水準で揃った傑作です。
お話としてはまだまだ序盤、仲間もそろっていない状況ですが、ミッドガル脱出までをここまで綺麗にまとめたのは拍手の他ありません。
これだけのクオリティなら製作に時間がかかるのも致し方無し、とは言えここまで来ると懸念点はただ一つです。
とどのつまり、「完結するか否か」、もうこれに尽きます。
今作で主要なBGMはほぼ全て出ましたし、セフィロスとの闘いまでぶち込んできました。
これ一作でFF7の核とも呼べる部分を凝縮したような内容になっているのですよね、最悪ここで終わりといわれても納得出来てしまえそうなほどに。
次回作がいつになるのか、完結までどれだけかかるかは分かりませんが、時間をかけてじっくり作成して欲しいです。
とりあえずサントラと品薄になっていたアルティマニアを予約中。はよう届け~届け~
Posted byテル

Comment 0

There are no comments yet.