月夜の日常

アニメ、ゲームなどの感想や紹介をメインに運営しております。現在コードギアスの追っかけ記事をまったり作成中~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChuSinGura46+1-忠臣蔵46+1-感想

間が空いてしまいましたが、忠臣蔵の感想を綴ります。
3章があまりに綺麗に纏まっていたので、そこで満足してしまっていました(^^;
先月ふとやりたくなって続きをプレイし始めたのですが、そこから一機にまたハマり、クリアまで駆け抜けました。

以下、本編のネタバレを含みます。

【百花魁編】
3章をクリアしたのは大分昔なので細部は忘れてしまっていますが、主税がひたすら可愛かった印象です。
二度のループを経て剣の腕も格段に向上した直刃、そんな直刃に一目惚れってのがあの主税だと思うと中々にニヤけます。
態度の変化が極端すぎて「デレってレベルじゃねぇ!!」とプレイ中に突っ込んでしまいましたが、これが本当の姿なのかもなあとも思ってみたり・・・

忠臣蔵2_R

ラストの新八郎との一騎打ちはこの作品最大の燃えポイントでした。
恐らく直刃が最も強かった瞬間です。
眼帯を外してから本気!!というのは王道ではありますが、だからこそ熱い。

エンディングでは直刃も元の世界に戻り、赤穂浪士達は忠実通りその命を散らす。
物語の結末としてあまりに綺麗だったので一旦ここで満足してしまいました。(オイ


【仇華・宿怨編】
続く4章では敵側視点、ヒロイン??は一学となります。
最終章に向かうための「繋ぎ」のお話ですかね。
忠臣蔵を別視点から切り込んでみたり、黒幕をあぶりだす為の下準備をしたり・・・
これまでの章と比べるとおとなしいイメージでしたが、先の読めない展開でグイグイ惹き込まれました。

忠臣蔵3_R

小平太の時言ったはずだぞ・・・ やめてくれと!!

お初が不憫すぎる・・・
平左衛門には正直同情できなかったというか、自業自得ですし・・・
お初を売り飛ばしたあたりで「あれだけ可愛がっていたのはなんだったのよと」怒り心頭でした。
確かに酒の影響はあるのかもしれませんが、そこまで正気を失っちゃアカンよ・・・

忠臣蔵4_R

一学、というより一魅は芯が強すぎますね。
直刃が何度もループして江戸時代になんとか順応していった中、一度目の世界でここまで覚悟が決まっているとは。
お初のことがあってから大分弱っていましたが、自分の目指すべき道を最後まで見失わずに戦い抜いた姿は凛々しかったです。


【刃・忠勇義烈編】
最終章、黒幕との決戦です。
さあ、どうやって風呂敷をたたんでいくのかと身構えたのですが、始まりは平穏でした。
この章の一番のポイントは「直刃の心情描写が中盤まで全く出てこない」ということです。
これまでは彼が何を考えて、その結果どう行動しているのかがわかる構成でした。よくある、というか普通です。
今回は彼の思惑などがほとんど描写されないので、何をするつもりなのか中盤まで見えてきません。
一見すると右衛門七と平和に暮らしてるだけに感じますが、所々で何やら企んでる様子が伺えます。

忠臣蔵5_R

これまであまり触れられなかった右衛門七の成長に焦点を当てた最終章。
確かに右衛門七は毎回討ち入りの時にいつの間にか別人のようになってました。
その理由が明かされる修行の日々。
犬を渡された時に嫌な予感がしていたのですが、やっぱりそうなるよなあ・・・
お師匠さん、普段ヘラヘラして何も考えてなさそうな人ですが、潜ってきた修羅場が違いますね。
右衛門七の弱さを一瞬で見抜き、修行と精神の両方を鍛えるプランをあれだけ早期から仕向けていたというのは流石です。
登場したのは最終章だけでしたが、とても良いキャラでした。

忠臣蔵6_R

直刃と一学の共闘により、いよいよラスボスが表舞台に・・・

おそらく皆が感じたであろう一言、「お前誰だよ!!」、まあしょうがないですよね・・・

これまでの敵、そして味方入り混じっての決戦。
戦力が違いすぎてちょっとラスボス側を可哀想と思ってしまったヨ・・・ 安兵衛、一学、新八郎チームとか勝てるはずがない!!
戦闘シーンが熱い本作品ですが、ラストバトルはこれでもかって程グリグリ動かしてくるので素晴らしかったです。

黒幕の野望は潰え、エンディング。
3章のように忠実通りの切腹ではないですが、これはこれでアリです。
ここから次回作に繋がるのかな??


【総評】
全体的にクオリティーが高い、近年稀に見る良質ADVでした。
特に戦闘描写、BGMはピカイチです。 どの章でもクライマックス級のバトルが必ずあります。
ループ物ということで、主人公が何度も挫折を味わい、そのたびに強くなっていくという過程が丁寧に描写されてます。
個人的にループ作品は大好物なので、これだけでもとても惹き付けられました。
唯一の難点といえば、やはり3章が完璧すぎたことですかね・・・ 
あれがエンディングとして完成され過ぎていたので、4章前半は少し中弛みしました。
それでも5章での右衛門七の成長物語からはまたやめ時がなくなってくるあたり、作りが上手いなあと感じます。
次回作も購入済みですので、年末辺りにでもインストしようと思います。 MIBUROもやらないと!!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:テル
コードギアスに魅せられて早数年、ゲーム、アニメ、漫画、どのジャンルも広く浅く楽しんでます。

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

Twitter

右サイドメニュー

ゲームプレイ記録

2018年、ゲームプレイ記録
・1月:ランス9 ヘルマン革命
モンスターハンターワールド
・2月:千の刃濤、桃花染の皇姫
・3月:ランス10
FLOWERS冬篇
・4月:バイオハザード7
・5月:Fate/hollow atraxia
・6月:ハルウソ
   美少女万華鏡
   スパロボUX
・7月:忠臣蔵46+1
    みにくいモジカの子
・8月:デトロイトビカムヒューマン
・9月:超昂天使エスカレイヤー

Music Select

※選択すると音が鳴ります。音量にご注意ください。 音を止めたい場合は再びMusic Selectを選択してください。

Copyright(C)2006 るぅー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

応援中

※リンク先R18注意

【サクラノ詩】応援中! 【素晴らしき日々~不連続存在~】応援中! ランス10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。