月夜の日常

アニメ、ゲームなどの感想や紹介をメインに運営しております。現在コードギアスの追っかけ記事をまったり作成中~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス亡国のアキト最終章、感想【ネタバレ有】

アキト最終章、行ってきました。
遂に終わりですね・・・ なんだかまだ実感が湧きません・・・
今回も一時間以上前に映画館に行ったのですが、相変わらずの長蛇の列!!
もっと早く行けばよかったと思いつつ、最後まで同じミスを繰り返す体たらくでした(笑)

では、2月6日より上映が開始した「コードギアス亡国のアキト最終章、愛シキモノタチヘ」の感想になります。
3章、4章の時と同じく、ネタバレオンパレードなので折りたたみ反転仕様にします。

以下ネタバレ注意!!(上映から1週間以上経ちましたので反転は削除しました。)

最終章、私はてっきり二時間やると勝手に思い込んでいたのですが、他の章と同じく一時間でしたね~
その分情報がみっちり詰め込まれていて、正直たかが一回の視聴では語りつくせないと思うのですが、私の思いの丈をぶつけていきます!!

↓以下ネタバレのため反転します。

4章ラストでユキヤの乗る方舟が撃墜されました、物語はそこから始まります。
砲撃が被弾し意識を失ったユキヤを助けたのはアキト、ここで活躍したのがBRSシステム。
ユキヤの意識がなくても、アキトの脳がユキヤの乗るKMFに介入し、強制的に脱出させたわけですね。便利なシステムや・・・
もともとBRSはパイロットの脳を繋げて、戦況を立体的に把握するシステムなのですが、このような使い方もあるわけですね。
何とか一命をとりとめたユキヤ。
そうです、ワイヴァン隊はみんな笑顔で帰還するのです!!あれぐらいで離脱は許しませんよ!!

ミカエル騎士団により完全包囲されたヴァイスボルフ城。
圧倒的戦力差の中、アシュレイは自分もKMFに乗り戦うと提案します。
アシュレイ、完全にwZERO部隊に馴染んでますね~
前回、シンとジャンからあれだけの仕打ちを受けたのですから、気持ちはわからなくはないのですがw

場面は変わってジャンのシャワーシーン。
人の気配を感じて飛び出したジャンの目の前には、なんとアシュレイの姿が!!
危険を冒してまで敵地に潜り込んだアシュレイの目的はジャンへの助言。
「シンを闇から助け出せるのはアキトだけだ」と言い放ち、その場を去ります。
しかしアレですね、ジャンの裸を見ても一切取り乱さないアシュレイはどうなってるんだ!!
まあ実際のところ、この二人は幼いころからの付き合いなので、わざわざそんなところで取り乱したりしないんでしょうね。
アシュレイ、ジャンはともに親に捨てられ死にかけていたところをシンに拾われました。
二人は同じような軌跡を歩んできたのでしょうね。性格はあまり合わなかったようですが(^^;
もしくはアシュレイがスザク並みの鉄仮面なのか・・・ 神根島でのやり取りが思い浮かびます・・・

夜が明け、ついにユーロ・ブリタニアの進軍が始まります。
wZERO部隊は戦力的に圧倒的不利、あっという間に負けてしまうのではないかと不安になりましたが、ヴァイスボルフ城の守りは鉄壁でした。
城壁を破られた後でも敵の侵入を阻む仕掛けに満ちています。
レイラの指示も適切ですね~ 防御壁にほころびが生じ、敵に侵入されそうになったら即座に壁ごと爆破する判断力。
一機でも多く、相手のKMFを削ることを最優先に考えています。
そこにアキト達も加わり、混戦の中いよいよ動き始めたヴェルキンゲトリクス。
アキト、アシュレイ、リョウ、三機のKMF相手に引け劣らない戦いを繰り広げるシンはさすがラスボスといった貫禄ですね。
戦闘シーンはもうグルングルン動くので目で追いきれません、はやくBDでスロー再生したいです!!

冒頭で負傷したユキヤがここで目を覚まします。
ユキヤは傷だらけの体でKMFに乗りカンタベリーを爆破、真下で砲撃しユキヤも完全に爆発に巻き込まれていたので焦りました・・・
結果としては無事生きていたので良かったです・・・
アヤノはアポロンの馬車にいるジャンのもとへ向かい、彼女を説得します。
銃口を向けられながらも動じず、ジャンに歩み寄るアヤノ。このシーンもヒヤヒヤしましたよ・・・
ジャンの中にも迷いはずっとあったのだと思います。シンの命令通りに動くことが、必ずしもすべて彼のためになるわけではない。
シンの幸せを何よりも優先し、そのために自分の意志で行動する。ジャンはここでその決心をしたのでしょうね。

苛烈を極めるアキトとシンの戦い。その中でBRSの稼働率は300%を超えます。
そして脳波動の共鳴が時空に干渉し始め、場面はアキトとシンの過去に移り変わります。
アキトとシンが別々の父を持つ兄弟というのは4章で説明されました。アキトの父はシンの父の手に欠けられて死にました。
シンは、母の裏切りも、父の憎しみも、その全てを見ていました。彼が世界を憎む、その片鱗がここに見えた気がしましたね。
やがてシンはギアスを得ます。契約相手は額にギアスマークを持つドクロ。
このドクロについての詳しい説明はなかったのですが、おそらく時空の管理者関係ですね。3章で出てきたのとは別個体のやつかな?
詳しくは後々言及します。

ヴァイスボルフ城の司令塔まで迫ったミカエル騎士団。そしてブロンデッロの部隊が司令所へと突入し銃を乱射、レイラを除くすべてのオペレーターは息絶えました。
このシーンは正直絶句しました。呼吸が止まりました、いや本当に・・・
突入されたから数秒で全員死んでるんですよ、クラウスもソフィもアンナも・・・ 脳の処理追い付きませんって・・・
絶望に打ちひしがれるレイラ、そして彼女のギアスが輝き、レイラもまた時空の中に飲み込まれていきます。
レイラの前に姿を現したのは時空の管理者。
彼女は自身のことをレイラにこう告げます。「意識の集合体、宇宙の進化に介入するもの」と。
出た!!、意識、無意識、ラグナレク、Cの世界!! シャルル大喜び!!
さらに彼女はこう続けます。「ギアスは人には過ぎたもの、回収すべきである」。
3章でスマイラスに「シン・ヒュウガ・シャイングの命を召喚しろ」と言っていましたが、そういうわけですね・・・
時空を管理するもの、彼女(厳密には人とかそういう概念ではないらしいです)がギアスという力を生み出した創造主、言ってしまえばコードギアスに置ける神様みたいなものでしょうかね。
宇宙の進化のためにギアスを人間に授けたが、人は生命として優秀でなかった。
故にシンをはじめとするギアスユーザー達を召喚(殺す)し、崩れた均衡をもとに戻すことが彼女の目的だったのかなあと思ってます。
C.C.やV.V.はギアスを授けるコード保持者ですが、ではそのコードがどこから来たのか?、始まりはどこなのかと問われたときに出てくる答えが彼女達なのでしょうね。
シンにギアスを与えたドクロですが、あれも時空の管理者なんじゃないかなあと。明らかに人間ではないですし(笑)

時空の管理者の一方的な判断に異議を唱えるレイラ。
管理者は最後に「貴方がそうでないと証明するきっかけになるかもしれない。歪んだギアスを保ったあの人を止められるのなら・・・」、と言い残し姿を消します。
レイラが気が付くと司令所はブロンデッロの部隊の突入前でした。レイラが見たあの光景は「一歩間違ったらあのようになってしまう未来」ということで監督が加えたシーンらしいです。
現実じゃなかった!! よかったあああああ!! ホント心臓に悪いですって!!
あれでオペレーターのみんなが全員死んでいたら私は当分の間抜け殻のようになっていたに違いありません・・・
最悪の未来を回避するためにレイラは話し合いによる決着を申し立てます。
ここでの判断がなかったら全滅だったわけですね・・・ もう思い出したくないです・・・

そして、アキトとシンの最終決戦。
憎しみにとらわれているシンを何とか救い出そうとアキトは必死の説得を試みますが、彼の声はシンには届きません。
シンはなぜそうもアキトを殺そうとするのか。最終章にて明らかになるシンの想い。
それは、「愛」でした。
シンのギアスは「愛する者に死を命じられる能力」。シンのギアスは彼が愛する者にしか効力がないのです。
4章ラストでレイラがギアスを発動し、シンのギアスを打ち消しているような描写がありましたが、実際には私の全くの思い違いでした。レイラはシンが愛する者ではない、むしろ嫌悪するタイプの人間。ゆえに彼のギアスが発動しなかったのです。シンはドクロからギアスを与えられましたが、その能力がどのようなものであるのかまでは知らなかったのですね。
おそらく彼は自分のギアスのことを「命じれば相手は死ぬ便利な力」、ぐらいにしか理解していなかったのだと思います。
では、なぜ「死ね」と命じたアキトが生きているのか。それはアキトにギアスをかけたのが幼少期だったからです。
幼いアキトはまだ「死」の意味を理解できていませんでした。だからシンのギアスが効かなかったわけですね。
しかし、ギアスの呪いは成長したアキトを蝕み、自らを無意識のうちに死地に赴かせるようになります。

シンの根底に流れるもの、それは「相手を想い、愛する心」でした。
シンはアキトのことを愛していました。マンフレディも、マリアも、アリスも、そして自らの母さえも・・・
彼は優しすぎたのです。優しかったが故に、間違えてしまった。
私は以前シンの目的は「死による魂の救済」と書きましたが、やはりこれに近い考えで彼は動いていたのですね・・・
「この世界は狂っている。狂った世界で無垢なお前が、アキトが苦しむのに俺は耐えられない。・・・アキト、死ね・・・」。

暴走するシンのギアス。アキトの声は届かない。
アキトに対し振りかざした剣を下したその瞬間、割って入ったのはジャンでした。
「私はあなたを愛しています・・・」、剣で刺されると同時に銃弾でシンを貫いたジャン。これが彼女の選んだ答えでした。
そんなジャンの想いも未だシンには届かない。しかし、彼の両目に宿ったギアスが消えたときシンは正気を取り戻しました。
シンはようやく気が付いたのですね、自分が愛する者に、愛シキモノに・・・
ギアスの呪縛から解き放たれたシンが真っ先に向かったのはジャンの遺体。ジャンの手に触れ、息絶えるシン。
二人は深く抱き合い、そしてCの世界へ・・・ 涙線決壊です・・・
シンに最後に残されたものが「希望」で本当に良かった・・・
シンを呪いから解放することができて、ジャンは本当に幸せだったと思います・・・

エンディング、スマイラスはアシュレイ達の手により粛清。
彼の独裁国家はここで終わりました。自分だけは高みの見物なんて、そんなことは許されないんですよ。
幽閉されていたヴェランスも戻り、ファルネーゼとの会話もありました。短い時間で出来る限りの伏線を回収しようという思いが伝わってきます(笑)
アキト達は3章でお世話になった老婆たちの元に戻り、そこで生活を楽しんでいます。
アキレイ好きならニヤリとできるシーンで最高のシメ!! 誰一人欠けることなく、みんな笑顔で帰って来られたね!!
そして、終わりにはロロがサプライズ登場。
ぶっちゃけ物販のシークレットキャラのシルエットからなんとなくロロっぽいなあ、と思っていたのですが、やっぱりそうでしたw
ルルーシュを再び本国へ戻す、その使いとしてE.U.に訪れたようです。そして物語はR2へ・・・

以上、最終章の感想でした^^
残っていた謎が一気に回収されましたね~
ただ一つだけ、レイラのギアスについては深く語られてはいないのですよね。これは意図的かなあと思ってます。
一応私の推測では、レイラの力は「ギアスと対極に存在するもの」だと感じました。
今回の亡国のアキトでギアスとは「呪いの力」であるという側面が強く誇示されてました。シンがドクロからギアスを授かるというのがまさしくそうです。
一方でギアスは契約者の「願い」を色濃く反映するというのも事実です。「世界を思い通りにしたい、人の心がわかりたい、過去を変えたい」。これまでのギアスユーザーは全て自らの願望がギアスに反映されていました。そしてシンも例外ではありません。彼に宿った「愛する者を死に至らしめる」ギアスは、彼の願望そのものでした。過ぎた力は人の身にあまり、それを管理者が回収する。ギアスはまさに禁忌の力です。
しかし、レイラのギアスは他と違い青い紋様を持ちます。これは通常のギアスユーザーが持つ赤い紋様とは対極です。
私は彼女の力は「ギアスによる呪いからの解放」なのではないかと思いました。暴走するシンのギアスが、アキトの呼びかけにより青色に変化するシーンがありました。あれこそまさしくギアスという呪いからの解放なのではないかなあ、と。
ジェレミアのギアスキャンセラーも「ギアスを解除する」という、呪いを解く側の力なのですよね。だから紋様が青いのかもしれません。

これにてアキト達の物語は幕を閉じます。
シンとジャンに救いがあったこと、そして何よりアキト達がみな笑ってエンディングを迎えたこと、それだけで私は満足です。
心にぽっかりと穴が空いてしまった感じですが、まだまだギアス熱は冷めません。いつまでも愛し続けます。そう、「愛シキモノタチ」です!!(←?)
ありがとう、亡国のアキト。
ありがとう、コードギアス!!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場版 『コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチヘ』 の感想

コードギアス 亡国のアキト 最終章 (初回限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.15バンダイビジュアル (2016-04-22)売り上げランキング: 45Amazon.co.jpで詳細を見る 『仲間のためなら 世界を愛せるよ』 <感想> 観たよ・・・見てきましたよ、 『コードギアス 亡国のアキト』 の最終章。 終わらないで...

左サイドMenu

プロフィール

Author:テル
コードギアスに魅せられて早数年、ゲーム、アニメ、漫画、どのジャンルも広く浅く楽しんでます。

【now playing】
・KH2.8
・ポケモンオメガルビー

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

Twitter

右サイドメニュー

ゲームプレイ記録

2017年、ゲームプレイ記録
・1月:ニューダンガンロンパV3
    ポケットモンスターオメガルビー
・2月: KH2.8

Music Select

※選択すると音が鳴ります。音量にご注意ください。 音を止めたい場合は再びMusic Selectを選択してください。

Copyright(C)2006 るぅー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

応援中

※リンク先R18注意

【サクラノ詩】応援中! 【素晴らしき日々~不連続存在~】応援中! 『新妻LOVELY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。